ウェディングプランナーブログ

BLOG

サムシングフォー ~幸せになるための4つのおまじない~

      2017/06/19

いつもセントアベニールのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます

先日、AAAの伊藤千晃さんが40代の一般男性と妊娠&結婚を発表しました!!

グループを卒業されるということで寂しい気持ちでいっぱいですが、幸せになって欲しいですね

さて本日は、花嫁様の幸せのジンクスとして欧米で親しまれているサムシングフォーについてご紹介させて頂きます

 

サムシングフォーとは?

サムシングフォーとは、「花嫁が結婚式でサムシングフォー(4つの何か)を身につけると幸せになれる」

というヨーロッパの言い伝えのこと。童話「マザーグース」でも歌われていることで知られています。

このサムシングフォーとは、

・something blue (サムシングブルー)

・something new (サムシングニュー)

・something old (サムシングオールド)

・something borrowed (サムシングボロー)

4つのサムシングです。

 

サムシングブルー

「何か青いもの」を意味し、花嫁様の純潔と清らかさを象徴しています。

サムシングブルーは、聖母マリアのシンボルカラーが青であることから由来しており、

純潔を表しています。目立たない所につけるのが良いとされており、

ブーケに青い花を混ぜたり、リングピローにブルーを取り入れるのもおすすめです。

 

サムシングニュー

「何か新しいもの」を意味し、これからの新しい生活の象徴です。

花嫁様の新生活や幸せな未来を祝福するために、

汚れのない新しいものを新調します。グローブやインナー、ハンカチなど

一般的に白いものが多いようです。

 

サムシングオールド

「何か古いもの」を意味し、家族とのつながりと祖先、伝統など

家の繁栄を象徴しています。先祖代々その家に伝わるものを受け継ぎ、

繁栄を願う意味をこめて祖母や母親が使った、婚礼衣装や、指輪、イヤリング、

ネックレス、ハンカチなどを身に付けます。

 

サムシングボロー

「何か借りたもの」を意味し、幸せのおすそ分けと友人、隣人との縁を表します。

幸せな結婚生活を送ってる人の幸せを分けてもらうという意味で、

すでに結婚している友人などにハンカチやアクセサリーを借りるのが一般的です。

欧米では友人のベールを借りるのが主流です。

 

~幸せのジンクスでおしゃれな結婚式に~

結婚式にまつわるジンクスの取り入れ方はたくさんあります。今回ご紹介したサムシングフォーも

自分なりにコーディネートすれば、オシャレなウエディングスタイルにすることができます

ご興味ございましたらぜひ、セントアベニールまでお越しくださいませ

 

 - その他